自動車関連のラッピングは車内から試すことも効果的

自動車関連で何かしらの手を加えることを考えてみると、その中にはラッピングという方法もあります。一般的に多く用いられているのはボディの部分に専用シートを張り付ける方法です。DIYで自ら施工することを検討している方のケースでは、いきなりボディに施工するには技量的に難しいと感じることも少なからずあることです。最初の段階ではお試し用として車内を対象としてラッピングを施工することも自動車関連のドレスアップでは効果的な一面があります。

車内の場合は外気に影響を受けずに施工できるので、天候などを気にする必要性がありません。埃なども付着しにくい環境でもあり、施工面が比較的小さいことも練習用では向いている傾向にあります。車内のラッピングでは人によって好みが異なることになり、車種によっても違いはあります。まずは、最適に感じるシートを入手することが先決なので、自動車関連用品を扱うショップを通じて購入することが基本です。

成功範囲については、ダッシュボードやインパネ周り、ドア周りなどが向いていて、下地が樹脂製や金属などの滑らかな場所であれば殆どの場所に施工可能です。対象位置に合わせてシートをカットするのですが、少し大きめにカットしておくことも大切なポイントです。該当場所に大まかに張り付けを行ってから、シート内に入り込んだ空気を抜いていくことで綺麗に施工できますが、車内のラッピングはそれほど難易度は高くは無いので、多少の曲面があっても綺麗な施工を済ませることは十分に可能です。

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website