中古車と新車の違いとは

一般的に自動車を購入する際には新車か中古車かを検討することが多く、どちらにもそれぞれメリットやデメリットが存在しています。ですがそもそも、新車と中古車は何が違うのかと言うと、簡単に言ってしまえば新車は一度もナンバー登録されておらず誰の手にも渡ったことがないものであり、逆に中古車は一度でもナンバー登録されて人の手に渡った経験を持っているものであるとされています。そのため中古車は新車にはない傷や汚れがあることもありますし、既にある程度の走行距離を走っていると言うことになります。その点がデメリットにはなりますが、日本のものは過去の事故歴や修理歴などがしっかり開示されているなどの透明性を誇っており、その上で整備や点検などもしっかり行われているので新車動揺に安全に走らせることが出来るものであるとされています。

そのため購入してもそこまでデメリットを感じることなく利用することが出来ますし、逆に言えば一度人の手に渡って走っていたものであることから安全性も高いと言うことになります。また、新車と同じ車種であっても安く購入することが出来ますし、カーナビなどのオプションが既についていると言うものもあります。そのため新車を購入するよりもお得に利用できると言うことで購入する人もいますし、新車との差額で得られるお金も大きくなっているわけです。特に免許をとったばかりの人に対しての練習用として利用されることもあるなど、新車ではないからこその用途もあるようです。

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website