営業車両に欠かせないラッピング技術

多くの営業車両は、その会社の良い宣伝媒体となる効果を期待して、会社の名称やロゴマーク、イメージカラーなどが施されています。また特にはその会社の商品の写真がボディに貼り付けられていることも少なくありません。その営業車両は走る広告塔として大きな役割を果たしながら、通りを歩いている人やすれ違う車に対して会社や商品をアピールすることができます。営業車両に貼り付けられたロゴマークや商品の写真などは、特殊なラッピングシートに印刷されたものです。

雨や紫外線などに強い特殊なシートの上に必要な文字や写真、カラーなどが印刷し、それを営業車両のボディに貼り付けていきます。直接ボディにペイントするわけではないので、用が済めば剥がして何もない状態に戻すことも簡単です。このラッピング技術はもともとアメリカで始まったものですが、2000年代に入ってから日本でも導入されるようになってきました。これまで車のボディに描くことは不可能であった繊細な写真なども、このラッピング技術を使えば可能です。

ラッピングシートの耐用年数は使用状況によって異なりますが、長ければ5年程度は持ちます。長く使用することができればできるほど、対比用効果も高くなります。張り替えが生じた場合でも、パソコンの中にデザインが保存されていれば、すぐに同じデザインのシートを印刷して張り替えることができるほか、同じデザインの営業車を何台でも簡単に作り出すこともできます。

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website