営業車両ラッピングで広告効果

営業車両でラッピングされたものは製品名や写真しか掲載されていなくても、フィルムを特徴のある形状にしたりデザイン性を重視することで多くの人に興味を持ってもらえます。広告戦略は一昔前であれば、顧客が興味を持ってもそれ自体を忘れてしまったり、名前を後から思い出そうとしても思い出せずにそのままとなるケースもありました。わからないことや今すぐ知りたいことはインターネットで検索することができるようになり、以前のような問題は解消されています。ラッピングカーに興味があればそこに掲載されているサイトのアドレスなどから、直接公式サイトに誘導することができます。

ワンクリックで誘導できる読み込み式のコードがあればさらに良いとされていて、そこで何かメリットが得られることが最適です。工夫次第で大きな規模の広告戦略として利用できる営業車両のラッピングですが、小さな規模で地域密着型の店舗でも高い効果を期待することができます。商店やスーパーの車に営業車両のラッピングを施すことで、商品配送時や通勤している時にその車を見た人へのアピールとなります。包装車に関しては、いつどのような状況で車を走らせるかが大きなメリットを得るコツです。

通常業務で移動の際に包装車を利用するだけでも、宣伝効果を得ることは確実ですが、高い効果を期待するときはターゲット層が多くいる場所や時間帯をよく観察しながら行います。工夫を凝らすことで、相乗効果が期待できます。

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website