営業車両のラッピングで宣伝効果を狙う

営業車両のラッピングは気軽に利用することができますし、高い宣伝効果を期待することもでき大きなメリットがあります。どのような状態で利用するかにより、効果も大きく変わってくるので車両で広告戦略をするときは気をつけます。綿密に計画を立て、営業車両のラッピングに詳しくて大きな実勢がある企業と提携することでさらに効果があります。製品名・写真が掲載されていない包装車でも車両のフィルムを特徴のある形にしたり、突飛なデザインのものにすることで人々に興味を持たせることが可能です。

少し前であれば広告戦略を行なってもみた人がすぐに商品名を忘れてしまったり、気になっても時間が少し経つと名前が思い出せないという問題がありました。インターネットの普及によって、すぐに気になるものがあれば検索できる時代になり、気になる営業車両のラッピングが走っていればすぐに検索できます。この心理を利用して、自社のウェブサイトに誘導することもできます。ウェブアドレスを記載することもできますが、機械的に読み込むだけのコードを載せておけば片手でクリックします。

大きな規模での広告戦略として利用できる包装車ですが、小規模で地域に密着した店舗でも大きな効果を期待することができます。スーパー・商店の車でも包装をすることで、商品を配送するとき・通勤の時に車を走らせるとそれだけで宣伝効果があります。営業車両をラッピングすることで、気軽にコストもかけず宣伝ができます。自走式立体駐車場のことならこちら

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website