車両ラッピングに関する自動車関連情報

これから自動車関連のことで特に車両ラッピングについてお話していきたいと考えています。車両ラッピングとは何かと思われる方も中にはいることでしょう。都市部でよく見かけるものの例としてはCDがリリースされたことを書かれた大型トラックやその車が帰属している会社やお店の名前や説明書きが入った営業車などです。一般の人が個人で行っているものを挙げると、アニメや漫画が趣味の人が推しているキャラクターの絵を描いているものがあります。

情報なりキャラクターなりを表して走ることで周囲の人に発信することが出来るのです。ここまでの話で車両のラッピングがどのようなものであるか大半の方はイメージできたのではないかと思います。では、一体どこでどのように作られているのか疑問になるかもしれません。その答えは次に示します。

車両のラッピングは自動車関連の会社で専門に扱っているところがあります。車の大きさや種類にもよるかもしれませんが、安いものだと30万円あたりからで高いものとなってくると100万円を超える金額になってきますが行ってもらえる場所もあるようです。操作は主に、専用のフィルムを車に貼ってデザインを行うために様々なデザインにすることが出来ます。この操作にはどの種類にしても数日必要になるようであるようで、平均で3日から10日はかかるようです。

今回は車両のラッピングについて話しましたが、自動車関連のことは他にも多くあり知れば知るほど奥の深いものとなっています。

Filed under: 立体駐車場, 自動車関連, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website