他には無い車両ラッピングは自動車関連のお店を活用

欧州では新しい自動車関連の情報があり、車両のボディをマットブラックを選択することが増えつつあると言われています。マット系の場合は艶が無いことからお手入れが大変なことと、耐久性というものが求められることになり、国内では実車販売されている自動車はありません。マットブラックの車両は独特の雰囲気を持っており、質感などが人気があります。全塗装として自動車関連の工場に持ち込んで塗装を施してもらう方法がありますが、かなりの高額料金が掛かってしまい、塗装をしても禿げてしまうことも想像できます。

現在ではもう一つの方法があり、車両ラッピングで表現することができます。ラッピングシートを専門に販売している会社を利用して、マットブラックのシートをサイズに合わせて購入することができ、シート代は決して高くはありません。手の器用な方であれば、自宅の駐車場でも施工することもでき、パーツごとに分けて施工すると意外と簡単です。ラッピングシートでマットブラックのボディにするには、自動車関連用品で販売されているシートに限定をして探すことも大切です。

耐候性に優れているものではない場合は、直ぐに剥がれてしまったり、表面にシミが出来てしまうこともあります。自動車用のシートは柔軟性があり、曲面でも貼ることができるタイプになるので、マットブラックのボディに仕上げることに向いている資材です。マット系でも十分な耐久性を維持できることにも魅力を感じられます。

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website